「はたのおと」に行ってきました。

a0229138_21595958.jpg


2月11日は、楽しみにしていた「はたのおと」に行ってきました。

様々な分野で、幡多地域にどっぷり浸かっている人々の発表会。
幡多地域の魅力は、その自然とそこに住む人々。
それらに惹かれて、それらを活かす仕事をしている人たちが、おもしろい発表をたくさんしてくれました。

柏島の黒潮実感センターで働いている、私と同い年のかわいい女の子や、大学の探検部を卒業して、四万十楽舍で学生ボランティアを受け入れるNPOをしながら働く、私より10歳も年下の女の子は、幡多に住むおもしろくてあたたかい人々とよそから来る人々をつなげたいと語ってくれました。

柏島で、深水100mくらいに住む生き物を研究されている方。
a0229138_2213569.jpg

マニアックでした。
グロテスクな生き物をたくさん紹介してくれて、興味深かった。

幡多の植物に詳しいおじさん。
a0229138_2222933.jpg

どこまでもマイペースに淡々と植物について語っておられました。
こんなおじさんと野山を駆け回ったら面白いやろなー。
このおじさんの側でちょこまか動く黒子のようなおじさんがちょっとドン臭くて、そのコンビが微笑ましかった(笑)。

そして我らが「海辺の日曜市」のボスの発表。
a0229138_225098.jpg

毎月楽しみで大好きな海市、まだまだこんなに愛がこもっていたのか!!と感謝と驚き。

他にも子育てしながら大学に通って柏島で観られる魚の研究をされている女性や、辺鄙な山の中なのに、地元の人の才能を活かして大成功をおさめた道の駅の社長さんのお話、恥ずかしそうにすばらしい自分たちの活動を発表する四万十高校の生徒たちetc…。

途中、休憩時間にこんなおやつも出たり♪
a0229138_22144954.jpg

a0229138_2234133.jpg


4時間程、椅子に座りっぱなしのずっと話を聞く内容でしたが、ぜんぜん飽きなかった!

幡多は、7年住んでもまだまだ知らない魅力でいっぱいです!

来年の「はたのおと」も楽しみ!
[PR]
by tontonmu | 2012-02-14 22:42