a0229138_20151613.jpg


田んぼの畦に、樹々の枝に萌え色の若葉がちらほら顔を出し始めましたね。
この度、私むぅは、喫cha店を3月をもって卒業することになりました。


喫chaに出勤して車から降りては毎日観ていた大きな楠の木がありました。殊に雲もない真っ青な晴れた空と、その空を背景にして風に揺れる楠の木の葉っぱがたまらなく好きでした。
高くて大きな樹が悠々と揺れてるあの感じ。
その楠が、私が、あ、喫chaそろそろ卒業だな、と心に決めたと同時に、大胆に大きな幹から除伐されました。
見守ってくれていた存在が、あちら側からいなくなった、儀式のような出来事でした。

そして、10年前から好みが変わらない音楽ばかり流していたスピーカーがついに音をあげました。
そしてずっと使ってきたハンドミキサーが今まさに壊れようとしています。
辞める!って決めたとたんに、一斉にみんな安堵のためいきをつくように、自ら終わりを宣言するかのごとく、使えなくなっていきます(もうちょっとがんばってほしいんだけど...)。
でもみんな良く頑張ってくれました。


よくぞここまで、と言わんばかりの狭く少なく濃くて深いお客さんばかりでした 笑。
世間一般の商売の世界では、全く通用しないダメ店主でした 笑。
でも、あの空間と空気が大好きでした。
あの場所が教えてくれた大切なこと、たくさんあります。
下田のおんちゃん、おばちゃんらぁは、ウチの店をちゃんと名前があるのに「喫cha」とは呼ばず「山」と呼んでいましたが、まさに宝の山でした。
これからの人生、幾度となくあのポカーンとした喫chaの感じを思い出しては束の間黄昏れることでしょう。

卒業後は、旦那さまのまぁ坊豆腐、あの美味しさを、食べたいと思ってくださる方にきちんとお届けできるためのサポートをしていきたいと思っております。
パンもできる範囲内で焼くと思います。
お料理教室やWorkshop、出張喫cha、ケータリングなどで時々出没すると思うので、そちら方面はこれからもよろしくお願いします☆

喫cha店の後の店舗は、お料理の腕も信頼しているお友だち、ちかちゃんのお店「Tane.」になります。今も時々私が店を開けれない日にちかちゃんにお願いして開けてもらったりしていて、喫chaに毎日通ってくれているおんちゃんとも随分仲良しになって、こちらもちゃんと引き継げてひと安心 笑。

喫cha店は、3/31(月)までOPENします。
内、定休日の各火曜日
3/9(日)海辺の日曜市出店
3/22(土)高知オーガニックマーケット感謝祭出店
はお休み、
3/23(日)はちかちゃんOPEN日
が決まってますが、また随時行事などで急遽お休みになることもあるかもなので、週末ご来店の際はお問い合わせいただけたら、と思います。

ここぞとばかりに余りに殺到されても対応出来ないですが、皆さまが喫chaで幸せそうにしているお顔を見れたら私も幸せですので、下田公園までお足を運んでいただける方は、是非ともお越しくださいませ。
ご一報・ご予約いただけましたら幸いです。

寒かったり、急に暖かくなったりの春の始まりですが、皆さまどうぞお身体ご自愛くださいませ。



[PR]
by tontonmu | 2014-03-04 20:39